【使命感と無邪気さが同居するリング】

4月21日におこなわれたDNA新宿FACE大会、勝俣瞬馬vs樋口和貞のメインイベントは、さながらリアル版牛若丸と弁慶の闘いを観たような印象だ。

前回3.14の同じ会場でタッグマッチながら勝俣が値千金の3カウント勝利を奪ったことを受け決まった今回の一騎打ち。勝ったほうが5月10日、初進出となるDNA後楽園大会メインでマイク・ベイリーの対戦相手として立つことになる。

両者とも是が非でも勝ちたい。とくに勝俣は並々ならぬ決意をその胸に秘めていた。DNAとして後楽園ホールで興行を打ちたい。そして自分がそのメインに立ち勝利して、DNAの景色を変えたい。ずっとそう強く公言し続けてきた。

それに対して樋口はDNAのエースは自分以外にはいないと豪語している。

「新体制になってここ3ヶ月で変われたというのなら、お前はこの数年何をしてきた」

勝俣に対して酷評の言葉を吐いた。お互い意地をめいっぱい張り巡らせ、ついに雌雄を決する舞台へとたどり着いた。

リングに上がりにらみ合う両者を見比べると、やはりその圧倒的な対格差が如実に見てとれた。167cm・70kgの勝俣に対して、樋口は185cm・115kgのスーパーヘビー級。

正直、勝俣に勝機があるのかと思ってしまう。だが前回の対戦後、こう発言していた。

「プロレスって相手のスキだったりそういうところを攻めれば、一瞬で逆転できるんです。」

ゴングが鳴ると樋口の強烈な逆水平チョップをかいくぐって、低空ドロップキックを放つ。ヒザをつく樋口の背中にまわると一気にスリーパー・ホールドで締め上げた。

何度ふりほどかれても執拗にバックに回り込み、その首を捕獲することを試みる。だが圧倒的なパワーを誇る樋口が、徐々に勝俣の小柄な体を攻め始める。

すさまじい衝撃音がするチョップや、グランドで勝俣の体を折りたたんでしまうかのような関節技で絞る。

それでもスワンダイビング式ミサイルキックなどの飛び道具を放ちながら、丸め込みを狙い樋口を追いつめる勝俣。両者の気迫は会場全体へと伝わっていく。

気づくと花道では次の対戦相手となるベイリーが仁王立ちし、この闘いを食い入るように見つめていた。

勝俣の死力を尽くした攻撃を受け切った樋口は、必殺技・轟天でついに勝利をもぎ取った。マットに倒れ伏す勝俣に向かってマイクを取り語りかける。

「勝俣先輩、DNAの景色を変えたいという覚悟、しっかり見させてもらいました」

そして手を差し伸べる。勝俣も悔しさをにじませながら、潔くその手を握りかえした。

「俺はDNA後楽園大会に懸けています。それはDNAに上がる選手全員同じ気持ちです」

樋口もまたDNAの未来をしっかり背負っている。それを物語るようにリング上でにらみ合っていたベイリーと最後まで降りる順番を譲ろうとはしなかった。この団体の王者は自分だと言わんばかりの主張だ。

使命感と無邪気さが同居するリング、DNA。その集大成が後楽園という大舞台で試されようとしている。

カテゴリー: イラストレーション, テキスト, プロレス, プロレスリング・イラストレーション | コメントする

【Move on!!】

なまけずに行動し続け、発信していくこと。それをやらないかぎり目標は実現しない。

逆に言えば、それをやっていると実現の確率はグッと上がる。腐らず笑顔でやり続けていると、不思議なのだけど見ててくれる人が必ずどこかにいてくれる。

Move on!!

カテゴリー: ライフ | コメントする

【勝俣瞬馬・聖地に描く新しい景色】

元週刊プロレス編集次長・鈴木健.txtさん主催の『体感文法講座』に1年間通いました。その講座の中で実際にチケットを購入してプロレスを観戦し、試合後レスラーにインタビューをおこなってテキストを書くという課題がありました。

この文章は3月14日・DNA新宿FACE大会でメインで勝利を取った勝俣瞬馬選手に、激闘直後10分お時間を頂いて書いた原稿です。まさにプロのインタビュアー・マスコミの仕事を体験させて頂いた貴重な時間でした。そのときの観戦イラストも添えて掲載致します。

試合直後、至近距離で話をしてくれた勝俣選手はお若いながら本当に紳士かつ熱いプロレスラーでした!

 

【勝俣瞬馬・聖地に描く新しい景色】

3月14日、DNA新宿FACE大会。収容人数500人ほどの会場は、人であふれていた。著名なプロレス関係者も多く見られ、期待感がひしひしと感じられた。

会場にはライトアップされた巨大なセットが組まれ、ふだん新宿FACEで行われるプロレス興行としては異質な絢爛豪華さが漂う。ももいろクローバーZのステージングなどで有名な佐々木敦規氏による演出が光る舞台だ。

今年2月から新体制となり新たな船出をしたDNAは、DDTから派生した団体で若い選手が主役だ。私は今回初めて試合を観戦した。

DDTですでに活躍する選手が多数参戦しているので、それぞれの印象や試合スタイルはなんとなく頭の中にあった。

きらびやかで明るく楽しい、若さあふれるフレッシュな団体。それが観戦前に抱いていたDNAのイメージだった。

だがいざフタを開けてみて驚いた。DDTでは笑顔を振りまき、華麗さと親しみやすさを感じさせていた選手たちが、ギラギラした闘争心をむき出しにしてリング上で激しくやりあう。

ものすごく骨太なプロレスが展開されていく。それぞれが主役を狙いしのぎを削りあっていた。

まるで大切なビッグマッチの第1試合をまかされた責任感と野心に満ちた試合が、ずっと続いていく感じだ。

その気迫に観ているほうもグイグイと惹きこまれる。曙や佐藤耕平などベテラン勢も名を連ね参戦していることから、チャレンジマッチ的な要素もある。

ファンとしてはそういう試合を観ると、えこひいきな感じで若い選手を応援したくなる。そこも功を奏している。思わず自然とエールを送りたくなるのだ。

そんな本大会のメインには勝俣瞬馬&鈴木鼓太郎vs樋口和貞&マイク・ベイリーが組まれた。この試合で最大の見どころは勝俣、樋口、ベイリー、三者の関係だ。

昨年行われたDNA初の総当たりシングルリーグ戦『DNA Grand Prix 2016』において、決勝に勝ち進んだのが他でもない樋口とベイリーだった。このとき勝俣も出場予定ではあったが「右とう骨頭骨折」により泣く泣く欠場した。

リーグ戦を制覇したのはDNA所属ではないベイリーだった。このDNAグランプリでの活躍が認められ、5月10日、初進出が決定している聖地・後楽園ホールでメインの1枠を手に入れた。

勝俣はこのときの思いをこう語る。

「僕はDNAグランプリを欠場して出られず、悔しい気持ちでずっと客席から観ていました。ベイリーが優勝したとき正直悔しかったです。なんでDNAの所属選手じゃないだ、なんで樋口じゃないんだって」

勝俣は並々ならぬ思いを持って今回メインのリングに立った。中でも樋口に対しては入場から鋭い視線を向けていた。

しかしゴングが鳴ると圧倒的な体格差が目に見えて現れる。167cm・70kgの勝俣に対して、樋口は185cm・115kgのヘビー級。力でおされ劣勢になる場面が多かった。

それでも必死に喰らいつき、百戦錬磨であるパートナー・鼓太郎のアシストも受け、樋口から丸め込み技「カサドーラ」で3カウントを奪いとった。

「プロレスって相手のスキだったりそういうところを攻めれば、一瞬で逆転できるんです。小さくとも勝てるだっていうことを試合で見せられたんじゃないかと思います」

試合後、激闘により座り込む勝俣は大きく肩で息をしながら、高揚感をみなぎらせてそう言葉を吐いた。これで次回4月21日・新宿FACE大会にて、後楽園ホールメインの1枠を懸け、樋口との一騎打ちが決定した。

勝俣はプロレスの聖地でDNAが試合することに対して、人一倍強いこだわりを持っていた。

「自分が観てきた会場でもあるし、デビュー戦は後楽園の第1試合でした。4月で(デビューして)3年になりますけど後楽園のメイン、なんならセミも含め、上の方で試合をしたことがないんです。だから特別な思いはあります。しかもDDTではなくDNAの興行。僕がDDTの総選挙で100万円が手に入って、何に使いたいかと聞かれれば、DNA後楽園大会をやるってずっと言い続けてきました。

それくらい僕は後楽園でDNAをやりたかったんです。だから興行がやれることが嬉しいし、メインに立ちたい思いは誰よりもあります。簡単に樋口を立たせたくないんです」

DDTではアイドルユニットとしても活動しているが、目の前で話す姿は、所属団体を上げていこうと高みを目指す熱いプロレスラーだ。

「樋口、そしてベイリーを倒し後楽園で僕がDNAの景色を変えたい」

25歳の若武者から強い決意と責任感があふれるように飛び出す。華やかでありながら激しい闘いをくり広げるDNA。

このリングで今まさに現れようとしている新しい景色。まばたきをせずしっかり目に焼きつけていきたい。

カテゴリー: イラストレーション, テキスト, プロレス, プロレスリング・イラストレーション | コメントする

【希望】

岸政彦さんと雨宮まみさんの対談集『愛と欲望の雑談』を読みました。

文中に出てくる雨宮さんの「希望を持たないほうが楽だというのは、何かを放棄してると思うんです。(中略)傷ついても希望を引き受ける人のほうが美しい。」という言葉が強く心に響きました。

うつむいてしまうことも少なくない世の中だけど、生きているのだから、やっぱり明日に希望を抱いてたいです。そしてそれを形にしていきたいと思います。

カテゴリー: ひかりのことば, ライフ | コメントする

【ラ・ラ・ランド】

『ラ・ラ・ランド』を観てきました。デイミアン・チャゼル監督の前作『セッション』が恐いほど鬼気迫る作品で非常に面白かったのですが、それとは正反対の明るく楽しく、そして少しせつないミュージカルラブストーリー。

ファンタジックな展開でありながら、きっと人生にはこういう選択は起こり得るだろうなというところにリアリティがあり、やみくもなハッピーエンド作品ではなくとても深く心に染み込んできます。

劇場を出たあと静かな多幸感に包まれる素敵な作品でした。

カテゴリー: 映画 | コメントする

【3月の決意】

3月ですね!花粉も少し気になり出しています(泣)

今年の上半期3月〜7月まで毎月1つ大きな仕事が控えています。丁寧に計画立てて、一つひとつ達成していこうと思います。  ずっと手持ちで抱えて動かせていない細かいこともたくさんあります。それらも一度書き出してクリアしていけるようにします。  

自分が使える時間は限られているのだけど、可能なかぎり望むことは実現していきたいです。そのための脳内フォーメーションをしっかり組立てます。自分を動かす監督は自分です。  

そして2017年は、自分の力だけではクリアできない大きなチャレンジもあります。僕ががんばることは最低ライン。それ以外に家族や友人や神さまをを信頼し、流れに乗り続けようと思います。  

今年は人生という大きな目で見てもターニングポイントになりそうです。気持ちを整えながらも、楽しさや喜びを忘れず進んでいこうと決意しています。  

今月もがんばります!  

カテゴリー: クリエイト, ライフ | コメントする

【同じ学び人】

ときどきクリエイターを志す若い方からアドバイスを求められることがあります。とても恐れ多いですが、自分が諸先輩から言われて嬉しかったことや、学んできた実体験などを一生懸命伝えるようにしています。

ただ「俺の若いときはなあ」的な、若干上から目線の伝え方だけはしないように努めています。自分の若かりし経験はその時代にあったものだし、必ずしも今の時代に通じるとは限りません。

それにこの言い方をすると自分が過去にとどまっている感じがしてしまいます。僕も彼らと同じように輝く未来へ向かって生きる同じ現役クリエイターだから。  

クリエイトするときに僕が大切にしていることを話します。それをひとつの考え方として受けとり、取捨選択をして自分の土台に使ってくれればいいと思っています。  

僕自身も責任を持って伝えることでとても学びになっています。学ぶべき先生に年齢は関係ありません。

僕もまた同じ学び人です。

カテゴリー: クリエイト, ライフ | コメントする

【ディック・ブルーナさん】

ディック・ブルーナさんが天国へ召されました。尊敬する数多い絵描きの中でも一番に大好きな人でした。ミッフィーちゃんの生みの親としてもちろん有名ですが、僕はブルーナさん自身の生き方や在り方にいつも多くのことを学ばせて頂いていました。

イラストレーター、グラフィックデザイナーの仕事や生活に心が折れそうなとき、ブルーナさんのデザイン集や絵本、著書を開き、なんど励まされたか知れません。

ご家族を愛し、仕事を愛し、人生を愛されたブルーナさん。これからも残して下さった作品たちは多くの人に喜びを与えていくことでしょう。そして僕にとってもブルーナさんは永遠のヒーローです。

心よりご冥福と、そして大きな愛と感謝をこめて。

カテゴリー: イラストレーション, クリエイト, デザイン, ライフ | コメントする

【シロクマ】

理由はないけど僕はシロクマが好き。

オリジナルシロクマキャラ、作ろうかしら(^∇^)

カテゴリー: つぶやき, イラストレーション | コメントする

【ドクターストレンジ】

『ドクターストレンジ』を観ました。アメコミ調の作品かと思いきや、人の深い意識や心を描いていて、とても惹きつけられました。

人のごう慢さや、生きる中で何を学ぶのか、たくさんなメッセージがある快作です。幾何学的な驚愕の映像美も必見!

カテゴリー: 映画 | コメントする